李研究室では、音声および言語を用いた人対人・人対機械のコミュニケーションを対象として、音声認識・音声対話・自然言語処理・音声インタフェース・音声インタラクションに関する研究を行っています。音声・言語・対話を含む知的情報処理の技術の発展、ならびに万人にとって自然で使いやすい声やことばのインタフェースの実現を目指して、理論に基づくものづくり、モノづくりの知見による理論の推進の両面を重視しながら、身近な話題から最新のトピックまで様々な研究に取り組んでいます。

主な研究トピック

  • 音声認識
  • 音声対話システム
  • 自然言語処理
  • 会話型音声インタフェース
  • 音声インタラクション
  • 音声対話コンテンツとメディア

李研は酒向研究室と共同で研究室を運営しています。また、徳田・南角・橋本研究室 と協力関係にあります。


研究室主催者近影

名工大教授

李 晃伸 / LEE Akinobu

名工大教授

1998年京都大学大学院修士課程修了.2000年同大学院情報学研究科博士課程短期修了.同年奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科助手.2005年より名古屋工業大学大学院工学研究科助教授,2007年,同准教授.2016年,同教授。主として音声認識・音声言語理解・音声対話システムの研究に従事.博士(情報学).電子情報通信学会,情報処理学会,日本音響学会,人工知能学会,ISCA,IEEE各会員.連続音声認識エンジンJulius,音声インタラクション構築ツールキットMMDAgentの主開発者.


最近のニュース・投稿


Webサイトリニューアル

研究室のWebサイトを全面更新しました。主な変更点は以下の通りです。 メニューの整理とシンプル化 情報の更新と再構成

Juliusに1パス文法の機能を実装

Julius へ新機能「1パス目でのフル文法適用」を追加するプルリクエストがマージされました。これにより、1パス目でフルの文法を適用することができ、1パ

DSTC8に参加してきました

ニューヨークで開かれた AAAI20/DSTC8 に参加し、以下の発表を行ってきました。 Tatsuya Nishiyama, Ryota Tanaka, Yuya Ishijima, Akinobu Lee, “Speaker-Aware BERT for Multi-Party Dialog Response Selection” In Proc. AAAI2020 Dialogue System Technology Challenge 8 workshop.